受付時間:平日9:00〜18:00(土日祝除く)
企業の防災・BCP対策や固定費削減などに役立つ無料セミナーを随時開催中! 

ホテル内のウイルス対策に効果的?オゾン発生機器の性能!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

出張や旅行など、様々なシーンで利用されるホテルでは、多くの方が利用されます。今は新型コロナウイルスにより、自粛する流れとなっていますが、緊急事態宣言が解除されることによって、衛生管理の面で対策が必要になってくるでしょう。

そんな時、ホテル内で利用できるウイルス対策として、オゾン発生機器の利用がおすすめです。

今回は、実際にホテル内でオゾン発生器を活用した場合の性能や効果について紹介していくので、参考にしてみてください。

1.オゾン発生機器の除菌や脱臭のメリット

そもそも、オゾン発生機器ではどのようなメリットがあるのでしょうか。オゾン発生機器のメリットについて紹介していきます。

 

・除菌や脱臭効果

オゾンは塩素の約7倍もの除菌力を持っており、ウイルスや菌、カビなどを強力に除去してくれる効果が期待できます。

脱臭についても、ニオイ成分を元から分解して除去してくれるので、室内を清浄化してくれるのが特徴です。

 

・低コスト

オゾン発生機器は導入する時のみコストがかかります。原料はオゾンであることから、ランニングコストはほとんどなく、薬剤などの補充を実施する訳ではありません。

そのため、導入した後は低コストで利用することができます。

 

・環境に良い

オゾンはウイルスや菌など、他の物質を分解した後は、酸素に戻るため人体や環境への外はほとんどありません。残留性が一切ないので、室内でも安心して利用することができます。

 

2.ホテル内での利用実績があるオゾン発生機器「ハンディくりん」

 

今後、利用者が増える度に、ホテルでは新型コロナなどのウイルス対策を講じる必要が出てきます。その際に活用できるのがオゾン発生機器です。

しかし実際に、どのようなオゾン発生器がウイルス対策になるのか、わからないという方も多いでしょう。

そんな方のために、ホテル内で利用実績があるオゾン発生機器「ハンディくりん」の特徴や性能について紹介していくので、参考にしてみてください。

・脱臭機能

「ハンディくりん」は、脱臭能力が高く、活性炭の約2,000倍と言われています。そのため、ホテル内の客室で発生する可能性のあるタバコ臭やカビ臭、香水臭などを分解し、除去してくれるでしょう。

芳香剤は臭いと感じるニオイよりも、強いニオイで臭いニオイを感じないようにされることが多いですが、「ハンディくりん」の場合は臭いニオイの元を分解するため、全く臭いニオイを感じることはなくなります。

宴会場などの広い室内でも、対応することが可能です。

 

・除菌機能

綺麗にしているようでも、ホテル内の客室は細菌や雑菌が残されていることもあります。今では新型コロンウイルスの脅威もあるため、感染症対策も肝心になってくるでしょう。

「ハンディくりん」では、残されているウイルスや細菌、雑菌をオゾンの除菌力で除去してくれます。

ホテル内の客室の衛生管理を強化することに繋がるので、お客様が安心しやすい環境を整えることができるでしょう。

 

・小型で軽量設計

「ハンディくりん」は、どこでも持ち運びができるように作業性を重視した設計になっています。本体重量が3.4kgと小型・軽量設計になっているので、女性の方でも持ち運びが簡単です。

操作自体も簡単設計になっており、誰でも難しい操作なしに利用することができます。

 

・対応面積や時間の目安

「ハンディくりん」は、短時間での除菌・脱臭効果が期待できます。ホテルでの実績としては、シングルルームでは5~10分、ツインルームでは10分~15分程度で除菌・脱臭効果が発揮されているので、気軽に利用することが可能です。

また「ハンディくりん」を稼働させた際に、同時にエアコン運転を実施することで、内部のニオイやカビ菌の繁殖防止の効果も期待できます。

 

3.ホテル内での利用実績があるオゾン発生機器「リオン3.0」

 

他にも、ホテル内で利用実績があるオゾン発生機器があります。それが「リオン3.0」です。客室設置型24時間タイプとなっているので、長時間の稼働が実現されています。

具体的に、どのような特徴や性能があるのか紹介していきます。

 

・脱臭効果

「リオン3.0」は、通常の客室に設置することで、カビ臭や体臭などの脱臭効果が期待できます。ニオイの元を分解して除去してくれるので、全く嫌なニオイがしないのが特徴です。

 

・小型で無音設計

小型設計となっていることから、目立ちにくい場所に設置することができます。無音設計となっているため、お客様の睡眠を邪魔する心配もないでしょう。

操作自体も、ボタン1つのみとなっていることから、簡単操作で誰でも利用することができます。

 

・除菌効果

空気中に浮遊しているウイルスや菌、花粉などをオゾン・紫外線ランプで不活性化してくれます。またドアノブや床などに付着しているウイルスや菌、花粉なども除菌してくれるため、感染リスクを低減させることができるでしょう。

 

4.ホテル内でオゾン発生機器を利用する目的

ウイルスや菌などを効率よく分解し、除菌してくれるオゾン発生機器は、ホテル内に導入することで、どのような働きを担ってくれるのでしょうか。利用する目的について紹介していきます。

 

・お客様が安心して利用できる

新型コロナウイルスの影響で、感染リスクが高まることから、ホテル利用を避けている方は増えているでしょう。しかしオゾン発生器を導入すれば、ホテルの安全性を確保することができるので、ウイルス対策を実施していることへのお客様からの評価が高まります。

今後、緊急事態宣言の解除に向けて、自粛期間を取り戻すように、企業も活発的に動き出すでしょう。

その際に、出張などでホテルを利用するお客様の安全のためにも、オゾン発生機器をホテル側が導入することは重要です。

 

・ホテルの宣伝効果

オゾン発生機器を導入していることを公表すれば、ホテル側がウイルス対策を実施していることを外部にアピールする効果が期待できます。

ホテルの宣伝効果も期待することができるので、利用者が増えるきっかけになるかもしれません。

 

・従業員の安全確保

緊急事態宣言が解除されたとしても、新型コロナウイルスの感染リスクが低減した訳ではありません。そのため、ホテルの従業員についても、新型コロナウイルスに対して不安な面もあるでしょう。

オゾン発生機器を導入すれば、ウイルス対策の一つとして、感染リスクは低減する効果が期待できるので、従業員の安全確保にも繋がります。

 

・衛生面の改善

ホテル内では、様々なニオイが発生することが想定されます。オゾン発生機器を利用すれば、ニオイの元から分解して除菌してくれるので、衛生面も改善することが可能です。

オゾン発生機器を客室全てに稼働させれば、お客様が快適に過ごしやすい環境を整えることができるため、ホテルの評価向上にも効果が期待できます。

 

5.ホテルのウイルス対策としてオゾン発生機器は理想的

緊急事態宣言が解除されたとしても、新型コロナウイルスの収束は先の話になるでしょう。その間にも、ホテルを利用する方はいることから、利用者の安全を確保するために、ウイルス対策を講じることは大切です。

その中でも、オゾン発生機器は高い除菌力と脱臭効果も期待できるため、お客様が安全で快適に過ごしやすい環境を整えることができます。

今回紹介したオゾン発生機器は、どれもホテルでの利用実績があるので、確かな効果が期待できるでしょう。

今後のホテル側のウイルス対策として、早めの導入が利用者の安心に繋がるので、導入を検討してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です