受付時間:平日9:00〜18:00(土日祝除く)
企業の防災・BCP対策や固定費削減などに役立つ無料セミナーを随時開催中! 

工場のコスト削減3つのアイデアを紹介します

 
この記事を書いている人 - WRITER -

製造業における利益を左右するポイントというと、工場の製造に関わる経費ではないでしょうか。

 

「あと少し」でも経費を削減できたなら、年間で考えると利益に大きく影響が出てくる。そんな風に考えることもあると思います。

 

そこで今回は、工場のコスト削減を現実的に行う「3つのアイデア」を紹介していきます。

 

1: 工場のコスト削減~経費アイデア~

工場のコスト(経費)削減として効果がわかりやすく、実施しやすいのが次の5つの削減アイデアです。

(1)電気

工場では電気が必要です。

だからといって、工場の機械を停止することはできません。

 

その代わりに、電気を使っている他のものを削減することで、電気の使用料金を低下させることを目指すことができます。

 

例えば、蛍光灯に使われている「グロースターター」方式の電灯を「インバーター」方式のものに交換するというアイデアがあります。

これですと、グロー球の点灯で必要となる電気消費が小さいですが削減できるでしょう。

 

また、グロースターター方式よりもインバーター方式の電灯の方が、目にも優しく、明るさも1.5倍明るいと言われています。

 

ということは、電灯をインバーター方式へ交換することで、一時的に経費は増えますが、長い目で見ると明るさが1.5倍なので、電灯の数を減らすことで電気使用料金が下がっているという理屈になります。

 

他には、電球をLEDに交換することで、そもそも電灯に必要だった消費電力を削減し、電気使用料金を削減するというアイデアもあります。

 

さらに、工場のエアコンや暖房設備にも電気を使っているのなら、地下水を利用した設備を導入することで、電気ではなく地下水による温度調整を行うことも可能です。

(2)ガス

工場でガスを使っていることもあります。

 

少し前まではガス会社を選ぶことができませんでした。

しかし昨今はエネルギーに関する自由化が進み、ガス会社を選ぶことができます。

 

そこで、業者による特徴を調査し、自分たちの工場の使用方法でもっとも費用がかからない料金プランを選択するというアイデアが使えます。

(3)空調

空調設備は工場に不可欠です。

しかし、空調設備は一度設置すると、昔のまま使い続けてしまっているということも多く、その結果「効率的ではない」設備が今日も動いている可能性があります。

 

空調設備は日進月歩で効率的なシステムが生み出されているため、新しい仕組みの設備に変えるだけでも、無駄な電気を消費しなくなります。

 

空調設備に必要なエネルギー費用は、家庭の冷蔵庫やエアコンと同じく、老朽化したものは「とりあえず動いているけれど」、効率が良くないため空調効果に対して多くの費用を払っていることも多々あります。

(4)水道

水道使用料金も工場には必要です。

特に製造の現場では「水」は不可欠ですから、なくしてしまうことはできません。

 

そこで、水道使用料金を少しでも削減するアイデアとして使えるのが、地下水を利用した「井戸水活用システム」です。

 

これまでの工業用水と一緒に井戸水を活用することで、水道使用料金をコスト削減することができるでしょう。

 

ただ、こういった地下水を活用したシステムは、初期投資が高くなる傾向にあるため、一度は考えてみても「無理だな」とあきらめられる方もいらっしゃいます。

 

しかし、このような初期投資の問題をクリアしたのが、水都環境サービスが提供している「井戸水活用システム」です。

 

このシステムは、地下水脈の調査や掘削、設備の設計や設置という初期費用がゼロ円でスタートできます。

 

もっとも気になる費用を気にせずスタートできますから、導入への不安もぐんと減っています。

 

詳しい「井戸水活用システム」については、こちらをクリックしてサービス説明ページをご覧ください。

(5)排水や下水

見えづらい部分ですが、排水や下水にもお金がかかっています。

また、工場で使った水が、下水に流れていかない「消失水」というものもあります。

 

こういった目には見えづらい部分を調査し、シュミレーションすることで経費の削減を目指すことができます。

 

2: 工場のコスト削減~労務費アイデア~

経費の次は労務費を削減するアイデアを見ていきます。

(1)仕事量

これまでの習慣や、古い体質から生まれている作業の流れを見直してみましょう。

複雑化している作業の流れは、フロー化してみると意外にシンプルな流れにできることも発見できます。

どうしても「前任者がこうだったので」という話を聞くことが多いですが、本当にそれでいいのかを考えることが大切です。

 

また、必要のない決済印をもらうような流れも、スピードと効率化が必要な現在にはそぐわないビジネスフローだと言えるでしょう。

無駄な仕事量を削減することは、無駄な残業を抑えることにつながります。

(2)生産性

生産性の向上のキモは、如何にして捜し物や無駄な動きを少なくするかにかかっています。

そのためには、整理整頓は必須でしょう。

保管する場所も決めておく必要がありますし、誰もがわかるようにしておくことも大切です。

 

「○○さんでないとわからない」というのは、いっけん「すばらしい」ことのように聞こえますが、会社という組織では一人に依存するというリスクを背負っていますから、実のところプラスにはなりえません。

まずは、整理整頓、保管場所の明記と徹底からスタートしてみましょう。

(3)AIとIoT

労務費削減のアイデアで注目されているのが、AIとIoTの導入です。

人間的な判断が必要ではない決まった作業なら、大量データと人工知能によってルールやパターン化できればロボットに任せてしまうことも可能です。

導入時点では一時的に費用がかさみますが、中長期的な視点で見ると、人を雇うよりも労務費は削減できるでしょう。

 

3: 工場のコスト削減~ITアイデア~

ITのアイデアによって削減できることもあります。

(1)通信費

会社や工場ではインターネットを利用されていることでしょう。

また、会社の携帯電話も支給されているかもしれません。

場合によっては、パソコン用の通信装置も契約されているかもしれません。

 

こういった通信費は、バラバラのキャリアで契約していると、割高になっていることもあります。

 

全部は無理かもしれませんが、できるだけ1つのキャリアにまとめて割り引きを受けられないか考えてみましょう

メールなどの文字情報だけの連絡手段に使っているスマホやタブレットなら、格安SIMという選択肢もあります。

(2)インターネット

インターネットに繋ぐことで費用を削減できることがあります。

それは出張して社内会議をするようなシーンです。

交通費や宿泊費が必要になると思いますし、移動している時間は集中して仕事もできないので効率が低下します。

 

しかしインターネットを使ったWeb会議なら、こういった費用や時間を無駄に使うことはありません。

時間になれば、お互いの会議室で集まり、カメラとディスプレイを通して会議をすることができます。

(3)印刷コスト

30年前から言われていますが、ペーパーレス化することで消耗品に必要な費用を削減することもできるでしょう。

印刷という作業は、紙だけではなくトナーやインク、電気代がかかっていますし、会社にある複合機などは「保守費用」もかかっていますから意外に高くついていることが多いものです。

さらに、印刷した資料を保存するスペースや、印刷物の紛失におけるリスクもペーパーレス化することで改善できますので、少しずつでも進めていきたいアイデアです。

 

4: まとめ

工場のコスト削減3つのアイデアを紹介しました。

どれもすぐに検討し始められることばかりです。

また、水都環境サービスがおすすめしている井戸水活用システムなどは、導入するかどうかの前にどのような仕組みになっているのかだけでも興味を持っていただければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です