受付時間:平日9:00〜18:00(土日祝除く)
企業の防災・BCP対策や固定費削減などに役立つ無料セミナーを随時開催中! 

BCP対策 ・災害時の非常用電源!水発電機AQUENEOUS(アクエネオス)とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

災害が起きた際には、電気がないなどの問題を解決するため、様々な防災関連の商品が販売されてきました。発電できる防災関連商品としては、ガソリンによる発電機や蓄電池などが主流でしたが、公害や騒音の問題が懸念されています。

そんな中、水発電が地球に優しいエネルギーとして注目されてきたのです。

今回は、水発電が可能な「AQUENEOUS(アクエネオス)」について紹介していきますので、参考にしてみてください。

水発電とは?

災害の際に、エネルギー確保の手段として注目されているのが「水発電」です。水発電は、塩水とマグネシウムを反応させて発電する仕組みとなっており、潜水艦などにも活用されている技術になります。

 

うまく水発電を活用することができれば、海や川、雨など豊富な資源を利用することで、発電することが可能です。災害の時も、水発電機器を所有していれば、水を利用することで簡単に電気を確保することができます。

 

また水発電の良いところは他にもあり、CO2の排出量が全くないという点です。地球にも優しいエネルギーとして利用できるので、エコな資源として活用することができます。

 

水発電が可能な「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、インゴッドに加工されているマグネシウムカートリッジと塩水を交換すれば、何度でも発電することが可能です。

「AQUENEOUS(アクエネオス)」の特徴

塩水とマグネシウムによって発電できる、水発電の「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、具体的にはどのような特徴を持っているのでしょうか。

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」の特徴について紹介していくので、参考にしてみてください。

 

・メンテナンスの必要がない

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、定期的なメンテナンスが必要ない発電機となっています。また発電は、塩水とマグネシウムだけが必要になるので、燃料を備蓄しておく必要もありません。

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」と水さえあれば、簡単に発電することができるので、災害が起きて燃料がない状況でも便利に利用することができます。

 

使った後は、簡単に水洗いするだけで、再度利用することが可能です。面倒な後処理も必要ないので、便利に利用することができます。

 

・塩水で発電

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、他の発電機と比べて燃料を必要とせず、水分があれば発電することができます。

 

水道水・雨水・川の水・池の水・海水・尿・醤油など、水分が含まれている物であれば、何でも発電することが可能です。

 

災害が発生した環境下でも、水分さえあれば、十分な電力を確保することができるので、生活も少しは楽にすることができます。

 

・室内でも安全

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、音が静かであることから、室内で利用しても騒音などのトラブルが発生する心配がありません。

 

また空気も綺麗であることから、有害物質が発生することもないので、安全に利用することができます。

 

有害物質だけでなく、爆発の危険性もないので安全に発電することができるでしょう。

 

・長期的な利用が可能

 

マグネシウムカートリッジ1セットあれば、60時間以上発電させることができます。

 

長期的な利用が可能なので、停電して困っているといった状況下でも安心して利用することが可能です。

 

塩水とマグネシウムカートリッジの交換で、何度でも発電することができるので、困った時には気軽に利用することができます。

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」の使い方

 

水発電「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、具体的にはどのような使い方が可能なのでしょうか。

 

詳しい使い方を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

・2.6Lの塩水を用意する

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」で発電するためには、塩水を用意する必要があります。

 

雨水・川の水・海水・水道水・尿など、水分は何でも利用することができるので、すぐに発電準備を整えることが可能です。

 

正しく「AQUENEOUS(アクエネオス)」を稼働させるためには、塩分濃度は10%程度は必要になるでしょう。

 

・塩水を入れてスイッチオン

 

十分な塩分濃度が保持されている塩水を用意した後は、「AQUENEOUS(アクエネオス)」に塩水を入れます。

 

その後、スイッチを入れることで、簡単に発電してくれます。

 

60時間以上発電することができるので、災害の際には大変便利な発電機として利用することが可能です。

 

・塩水とマグネシウムを交換

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」に入っている塩水とマグネシウムを交換すれば、繰り返し何度でも発電することができます。

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」が導入されている施設

 

水発電「AQUENEOUS(アクエネオス)」は、すでに多くの施設で導入されています。どのような施設で導入されているのか、いくつか紹介していきましょう。

 

・自治体

 

災害などの非常時に、住民が安心して生活できるように、「AQUENEOUS(アクエネオス)」を常備している自治体もあります。

 

管轄の避難所で使用できるように体制が整えられているので、困った時には頼りにすることができるでしょう。

 

・病院

 

災害が発生した際に、電力供給が止まってしまうと一大事です。そういったトラブルにも対応できるように、「AQUENEOUS(アクエネオス)」を備えている病院もあります。

 

複数台連結すれば、病院内の機器を動作させることもできるので、万が一の時は便利に利用することが可能です。

 

・介護施設

 

停電した際に、電動介護ベッドを動かすことができない状況に陥ってしまうことがあるでしょう。

 

「AQUENEOUS(アクエネオス)」を所有していれば、介護士や入居者の負担を軽減することができるので、災害時にも快適な生活を送ることができます。

 

・オフィスや商業施設

 

災害が発生した時に、業務遂行や帰宅困難になった時に、オフィスに「AQUENEOUS(アクエネオス)」があれば、従業員の電源を確保することができます。非常用電源として、便利に利用することが可能です。

 

商業施設でも、営業維持や在庫保存のために活用することができるので、所有している施設もあります。

 

・一般家庭

法人や団体以外にも、一般家庭でも「AQUENEOUS(アクエネオス)」は便利に活用することができます。

 

災害によって、急な停電が発生した際、臨時の電力供給手段として活用することが可能です。不安な気持ちなく夜を過ごすことができるので、便利に利用できるでしょう。

 

・アウトドア施設

 

コンセントがなく、電力を利用できない「アウトドア施設」でも「AQUENEOUS(アクエネオス)」があれば、屋外でも快適に電気を利用することができます。

 

・避難所

 

災害などによって、急な停電が発生したとしても電力が復旧するまで「AQUENEOUS(アクエネオス)」を利用すれば、安全に電力を供給することができます。

 

万が一に備えて、避難所に「AQUENEOUS(アクエネオス)」を置いている事例もあるので、安心して災害時には避難することが可能です。

 

災害時でも水発電があれば安全で快適な生活が送れる

 

災害などで、停電が発生したとしても、水発電があれば簡単に発電することができるので、電気をつけて安全確保することができます。

 

実際に、様々な自治体などあらゆる場所で「AQUENEOUS(アクエネオス)」が導入されている事例があるので、万が一のトラブルが発生したとしても、安心して生活を送ることができるでしょう。

 

災害が起きた時は、満足に電力供給されないケースも多く、いつまで復旧に時間がかかるかわかりません。

 

そんな時には、「AQUENEOUS(アクエネオス)」の水発電を利用すれば、快適に生活を送り、電力復旧まで待つことができます。

 

今回紹介した特徴や使い方を参考に、災害に備えて「AQUENEOUS(アクエネオス)」の導入を検討してみると良いでしょう。

 

水発電機「AQUENEOUS」のページはこちら

水発電機 AQUENEOUS(アクエネオス)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です